イイカゲン イイキブン

姫姉様こと堀井みき様リスペクト!モテ貯金、ミニマリスト、オートミールなど

【ネタバレあり】バイロケーション【人格とはなにか】

久しぶりに家で映画を見た

先日、職場で盛り上がったバイロケーションという作品

www.bairoke.jp

 

 

バイロケーション(以下ロンバケ)とは一言で言うのならドッペルゲンガーに近いもの

    • バイロケはもう1人の自分であるため、番号が同じ紙幣やクレジットカードなどの所持品から髪の毛や爪の長さまで、オリジナル(本人)と寸分違わず差異は何もない。
    • 長時間出現していられないドッペルゲンガーと違い、出現している時間や場所、条件は完全にランダムで法則性は無い。しかしながらオリジナルの周囲に出現する可能性が極めて高く、あまりにもオリジナルから離れすぎると消えてしまう。
    • バイロケはオリジナルの記憶も知識も全て持っているため、自分がバイロケであることに気づかない。また、外部からもオリジナルとの差異を発見することはほぼ不可能。
    • バイロケにはオリジナルの記憶+自身で活動した記憶が残るが、オリジナルはバイロケが活動した記憶は共有しない。
    • バイロケは外部に何かを”発信”することができないため、指紋が残らず、光を反射しないため鏡に映らない。食事はするが、摂取した食物がどう処理されているかは不明。

 

水川あさみ演じる主人公にバイロケが現れる

他にもバイロケがいる人たちと出会い

その人たちはバイロケに翻弄され、

精神が病んでいったり、人生が崩壊していく、、

「バイロケを、もう一人の自分を、殺すしかない」

 

 

 

姿形、立ち振る舞い、記憶を共有してるから

周りの人はオリジナルとバイロケの違いが分からない

 

バイロケはオリジナルの記憶+自身の行動した記憶を持っている

だけれどもオリジナルはオリジナルの記憶のみ

バイロケがもし自身の行動した記憶のみを持っていたら

姿形が同じだけど全くの別人になっていたのだろうか

 

最近、人格=記憶だと思ってる

もちろん今まで起きたことを全て覚えていなくても

 

プラスチックメモリーズじゃないけれど

姿形そのままでも記憶が全てなくなったら

それはもうその人じゃないんじゃないか

 

 

いつか死んでしまうとき、

いくらお金があったり大切な物があっても

あの世には持って行けない

思い出したい楽しい記憶を持っていきたい

広告を非表示にする